ラパスの素敵なポイント

ズーム

アシカ以外のポイントも多くあるラパスの海。中でも実力、人気NO1はスワニーリーフ。水深20mの砂地に長細い根と沈船が横たわるポイントで、ここは何と言っても魚影が濃い。アジやヒメジなどの群れがミルフィールのように何層にもなっている。根の上もそうだが、白い砂地の上にもお魚たちが群れていて、その群れの中にハリセンボンが紛れていたりする。癒しの空間でありながら、ちょっとした微笑みを与えてくれる。その他、大きな沈船が沈んでいるファンミンやサルバティエラなどもおすすめ。野生の海のど真ん中にある人工物は不思議な空間で、ちょっとしたアクセントダイブになるに間違いなし。どのポイントもマクロの生き物が充実。会って欲しいのは、ブルースポッテッドジョーフィッシュとファインスポッテッドジョーフィッシュ。青い斑点のある可愛いやつとめちゃデカいやつ。他にコルテスエンジッフィッシュなどコルテス海ならではのお魚が生揃いしている。そして、アジの大きな群れに会えるラレイナも外せない。

国情報

ラパスはメキシコの街の名前です。正確にはメキシコ合衆国南バハカリフォルニア州・州都ラパス市、となります。バハカリフォルニアというのは、地図で見るとアメリカ・ロサンゼルスの下(南)に伸びる細長い半島のこと。ラパスはこの半島の先端部にあり、半島で太平洋と 隔てられたコルテス海に面した街です。地図を見てもわかるように、緯度が低いため年間を通して暑く、メキシコらしく乾燥した陸地が広がっています。物価が 安く、気候は南国、治安もよく、自然を満喫できる場所として、アメリカをはじめ、各国から観光客が訪れます。なお、世界的に高級リゾート地として知られる カボ・サン・ルーカスは、ラパスのさらに南に位置しています。

カメラマン:鍵井靖章

ズーム
ズーム
ズーム
ズーム

コメント

つみしまTOP
ダイビングツアー専門旅行会社 ワールドエクスプローラ
モルディブツアー専門サイト