ジンベエザメ・ラパス

ズーム

ラパスの海では、高確率でジンベイザメに会えることができる。どのような海域で会えるのか?というとダイビングスポットでも会える可能性もあるが、多くはラパスの町の近くの湾内。ダイビングを2本終えて、3本目のダイビングをジンベイザメスノーケリングに変更したりして、会いにいくことが多い。ボートからスキッパー&ガイドさんが目を凝らして、水面を見つめる。少し緑がかった水面に黒い影が映る。ジンベイザメだ!個体のよって、どのくらい泳ぐことができるかは異なるが、この湾内では、捕食シーンがよく見られる。彼らが大きな口を空けて、海水と一緒にプランクトンを飲み込むシーンは圧巻で、近くで観察しているとまるで自分も飲み込まれそうになる。捕食モードになるとあまり泳ぐこともないので、とても楽チンにジンベイザメとの時間を楽しむことができる。1日の最終エントリーがジンベイザメとのスノーケリング。ラパスの海はたくさんの思い出を与えてくれる。

国情報

ラパスはメキシコの街の名前です。正確にはメキシコ合衆国南バハカリフォルニア州・州都ラパス市、となります。バハカリフォルニアというのは、地図で見るとアメリカ・ロサンゼルスの下(南)に伸びる細長い半島のこと。ラパスはこの半島の先端部にあり、半島で太平洋と 隔てられたコルテス海に面した街です。地図を見てもわかるように、緯度が低いため年間を通して暑く、メキシコらしく乾燥した陸地が広がっています。物価が 安く、気候は南国、治安もよく、自然を満喫できる場所として、アメリカをはじめ、各国から観光客が訪れます。なお、世界的に高級リゾート地として知られる カボ・サン・ルーカスは、ラパスのさらに南に位置しています。

カメラマン:鍵井靖章

ズーム

捕食シーン!

ズーム

コメント

つみしまTOP
ダイビングツアー専門旅行会社 ワールドエクスプローラ
モルディブツアー専門サイト