未開拓のアンツ環礁・ポナペ

ズーム

アンツ環礁の海中も、未開拓のポイントが多い。
今回は、「メインパス」という唯一の水路を中心にダイビングを行った。ポンペイ島周辺よりも安定して、透明度が高く。豊かなサンゴ礁にバラクーダの行列などが見られるそうだ。今回も外洋側で、大物を探していると、リーフの深場から、ゆっくりマンタが泳いで上がってきた。ガイドの栄田さんのリアクションがあまりにも慌てているので、そっちに私は興味がそそられた(笑)。マンタは真っ直ぐ私の前までやって来て、目の高さの位置で、ポーズを取ってくれた。「右上に行こうか?左上に行こうか?」と少し迷ったような様子で、ちょっとタイミングを置いて左上に泳いで行った。
このマンタもそうらしいが、アンツ環礁は、意外性のある出会いが多いらしい。環礁の北側では、ジンベイザメの目撃例も。

全部は知りたくない。夢の部分を残して、もう少しアンツ環礁のことを知ってみたい。

国情報

動植物の宝庫「太平洋の花園」ポナペ!ポナペはミクロネシア連邦の中でも標高が高く、年間の降雨量も多いため40以上の川が流れており、熱帯雨林のジャングルに覆われているので動植物の宝庫となっていて「太平洋の花園」と呼ばれています。1800年代後半から約100年にわたり、スペイン・ドイツ・日本・アメリカと外国に統治されてきましたが、1986年に独立し現在は国連加盟も果たしています。また、紀元前からの人類の居住が確認されており、ナンマドール遺跡からも分かるとおり古代文明が栄えていた土地でもあります。

カメラマン:鍵井靖章

ズーム
ズーム
ズーム

コメント

つみしまTOP
ダイビングツアー専門旅行会社 ワールドエクスプローラ
モルディブツアー専門サイト