ジュエリーフィッシュレイク・マラトゥア

ズーム

鍵井靖章さんのコメント

ダイビングの後、島の桟橋に向かう。そこから島の中にあるジュエリーフィッシュレイクに向かう。ここでのポイントは、フィンは持っていかないこと。フィンでクラゲを傷つけてしまう可能性があるのでというルールだ。木製トレイルは勾配があるので、大きな水中カメラを持った方は少し体力が必要かも。ゆっくりエントリーする。マングローブの木漏れ日の下に海藻が生えていて、そこにクラゲが乗っかっている。時折、「よっこいしょ」と言う感じで、ふわ~と浮き上がる。その姿がまた可愛い。元気よく泳いでいるクラゲを見つけて、水面近くで撮影。ここにしかない景色を写し込んだ。

国情報

マラトゥアは、ダイバーなら誰もがあこがれるシパダンから約200キロ南下した場所にある、インドネシア領土の東カリマンタンの島々の中で東端に位置し、最寄りの空港から送迎車とスピードボートで約4時間移動して到着する馬蹄形の島だ。ここはシパダンに通いつめたダイバーが次に目指すダイビングポイントといっても過言ではない。マラトゥアにはシパダンやパラオに勝るとも劣らない、迫力あるバラクーダの群れやサメの回遊が見られるチャネル(ビッグ・フィッシュ・カントリー)がある。

カメラマン:鍵井靖章

ズーム
ズーム

コメント

つみしまTOP
ダイビングツアー専門旅行会社 ワールドエクスプローラ
モルディブツアー専門サイト