マンタスティック!マラトゥア

ズーム

鍵井靖章さんのコメント

無数のマンタの影が水面に映る。ボートを寄せても逃げる様子をみせない。気が付くと、周囲は1本の潮流ができていて、その流れに逆らうようにマンタが大行進していた。エントリーして流されながら行くと、大きなマンタが口を開けて泳いでいる。プランクトンをまるで掃除機で飲み込むようにマンタたちは捕食しているのだ。約100m以上、潮の流れに身を任せていると次から次へとマンタがやってくる。さずが、サンガラキ!と納得のひと時だった。ダイビングを終えたドイツ人ダイバーが、「マンタスティック!」と上がってきた。

国情報

マラトゥアは、ダイバーなら誰もがあこがれるシパダンから約200キロ南下した場所にある、インドネシア領土の東カリマンタンの島々の中で東端に位置し、最寄りの空港から送迎車とスピードボートで約4時間移動して到着する馬蹄形の島だ。ここはシパダンに通いつめたダイバーが次に目指すダイビングポイントといっても過言ではない。マラトゥアにはシパダンやパラオに勝るとも劣らない、迫力あるバラクーダの群れやサメの回遊が見られるチャネル(ビッグ・フィッシュ・カントリー)がある。

カメラマン:鍵井靖章

ズーム
ズーム
ズーム

コメント

つみしまTOP
ダイビングツアー専門旅行会社 ワールドエクスプローラ
モルディブツアー専門サイト