ココ島のロマン

ズーム

鍵井 靖章さんのコメント

ココ島の旅をするだけで、もうすでにロマンだ。映画「ジュラシック・パーク」の舞台となった島の周辺でのダイビング。ハンマーヘッドシャークやホワイトチップシャークの群れ、そして、ジンベエザメにイタチザメ。見応えのあるサメがウヨウヨしている。魚種はそれほど多くなく、いつものレギュラーメンバーにそれほど変化はない。しかし、飽きることはない。そして、ダイビングを終えて、水面に顔を出すと、島に大きな虹が掛かっていた。ココ島でのロマンは、永遠に続く・・・。

国情報

コスタリカから南西約500㎞離れた場所にあるココ島(別名ココス島)。約250万年前の火山活動の地殻変動で形成されたこの島は複雑な地形で、岩場や滝などがあり陸でも海でも多種多様な生物が生息する。最高点は海抜634m。年間の降水量は7,000mmと豊かな水量を擁し、動植物の固有種も多く見られる。1997年には、ユネスコの世界自然遺産に登録された。また海洋学者のジャック・クストーが『世界で最も美しい島』と評していることでも有名。

カメラマン:鍵井靖章

ズーム
ズーム
ズーム
ズーム

コメント

ダイビングツアー専門旅行会社 ワールドエクスプローラ
モルディブツアー専門サイト