憧れのアンツ環礁・ポナペ

ズーム

今回、お世話になった南の島のホテル・SNOW LANDの部屋の窓から、アンツ環礁が一望できる。朝、窓の外を眺めて、アンツ環礁上の雲の様子でその日の天候を占ってみたりする。「隣の環礁まで?」と聞くとどれほど遠いのかな、と思ってしまうが、スノーランドは、島の西側にあり、以前あったダイビングサービス(北側)よりもアクセスが良く、アンツ環礁まで、ぐんと近くなった。
環礁に渡る途中で、大きな鳥山を見つけて、フイッシングをした。ランチタイムに誰もいないビーチに上陸。白砂は少し赤い鉱石かサンゴが混じっていて、ほんのりピンク色。キャプテンにヤシガニを捕まえてもらったり、黄緑色の細い蔦が広がる森を見つけたり、少し散歩するだけで、冒険気分を満喫できる。

国情報

動植物の宝庫「太平洋の花園」ポナペ!ポナペはミクロネシア連邦の中でも標高が高く、年間の降雨量も多いため40以上の川が流れており、熱帯雨林のジャングルに覆われているので動植物の宝庫となっていて「太平洋の花園」と呼ばれています。1800年代後半から約100年にわたり、スペイン・ドイツ・日本・アメリカと外国に統治されてきましたが、1986年に独立し現在は国連加盟も果たしています。また、紀元前からの人類の居住が確認されており、ナンマドール遺跡からも分かるとおり古代文明が栄えていた土地でもあります。

カメラマン:鍵井靖章

ズーム

鳥たちも歓迎♪

ズーム
ズーム

透明度抜群!

ズーム

南国らしい森

ズーム

大きなヤシガニ!

ズーム
ズーム

ビーチでのんびり

コメント

つみしまTOP
ダイビングツアー専門旅行会社 ワールドエクスプローラ
モルディブツアー専門サイト